お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-018-755 受付時間:10:00–19:00 年中無休(年末年始を除く)
KOSE PROVISION

送料無料まで、あと3,240円

ご注文金額0円

カートを見る0

  1. HOME
  2. 美肌辞典
  3. あ行
  4. エイジング

エイジング

エイジングとは、年齢を重ねていくこと、「加齢」のことである。
肌悩みとしてあがるエイジング症状と年齢との関係は一般的に以下の通りである。

【20歳頃~】エイジングの初期
エイジング症状が肌に現れ始める時期は20歳頃である。皮脂過剰になったり、乾燥したりと、水分・油分(皮脂分泌)のバランスが悪くなり、トラブルに対応した化粧品が必要になってくる。
肌悩みとしては、「脂っぽい」「吹き出物」「かさつき」「皮ムケ」など、表皮レベルのものである。

【20代後半~30代前半】エイジングの移行期
20歳頃から起こり始めていた、「乾燥」もしくは「油分・水分のバランスの乱れ」がより大きくなり、はっきりと不調を自覚し始める時期。 20代前半までよりも、季節や環境の影響が肌トラブルとなって現れやすく、ターンオーバーの乱れや血行不良が起こりやすいため、肌悩みとして「くすみ」を感じることが多くなってくる。
まだ表皮レベルのトラブルではあるが、肌のケアが不十分であると、この後に訪れるエイジング症状を加速させる要因にもなる反面、お手入れ効果が出やすい時期ともいえる。

【30代後半~】エイジングの進行期の第1段階
個人差はあるが、真皮の変化が肌表面に現われ、35歳前後になると、個々の肌悩みがより顕著になる。 要因は体質もあるが、環境や生活習慣も大きく影響しているので、症状とそのレベルも個々で差が見られる。
症状としては、移行期までの項目に加え、「シミ」「シワ」が現れてくる。この年代の悩みの多くは「シミ」「小ジワ」である。

【40代後半~】エイジングの進行期の第2段階
進行期も45歳を過ぎた頃からは、「たるみ」の症状が現れはじめる。 女性ホルモンが乱れ、低下する時期に入る。女性ホルモンの影響は、肌のハリ・弾力を司るコラーゲン・エラスチンの減少や変性、また皮脂腺の働きの低下などがあり、肌状態へもさまざまな影響を及ぼす。 この年代の悩みの多くは「シワ」「たるみ」である。


◆お手入れのポイント

【20歳頃~】
全ての年代のお手入れの基本は「保湿」である。 クレンジング、洗顔での清浄のケアをきちんと行い
、十分な水分補給を行う。油分の分泌量に合わせて、ベタつきが気になる場合は、油分の配合が少なめのジェルクリームなどで肌を保護する。反対に乾燥肌の場合は、油分の配合が多めのクリームなどで水分蒸発を防ぐことが望ましい。
また紫外線が肌に与える影響は大変大きく、ダメージも大きいので、この時期から紫外線防止効果のあるベースメイクや日やけ止めのお手入れで肌を保護することが推奨される。

【20代後半~30代前半】
基本のお手入れとしてはエイジング初期と同じ、「保湿」と「UVケア」になる。 しかし、より乾燥の症状が進んだり、油分・水分のバランスが崩れやすくなるため、週に1度はコットンパックなどのお手入れで、肌状態を整えておくことが推奨される。

【30代後半~】
より高保湿の、肌本来の力をサポートできる化粧品でのお手入れが望ましい。 週に1度のコットンパックでのお手入れの他に、気になる肌悩み対応のスペシャルケア(アイクリームなど)で部位別のケアも取り入れることが推奨される。
紫外線防止のためのベースメイクや日やけ止めのお手入れも重要である。

【40代後半~】
基本のお手入れとしては30代後半からと同じであるが、より高保湿、高機能を持つ化粧品でのお手入れが推奨される。 乾燥の気になる部位への化粧水の重ねづけや、週に数回のコットンパックなども効果的である。
また、ベーシックケアにプラスしてスペシャルケアでの部位別対応商品でのお手入れが推奨される。 紫外線防止のためのベースメイクや日やけ止めのお手入れも重要である。

頭文字から用語を探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行