1. HOME
  2. よくある質問
  3. 商品について

商品についてよくある質問

化粧品類の使用上の注意事項について

  • 化粧品類の使用上の注意事項について
    お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。 傷やはれもの、湿しん、かぶれ等、異常のある部位にはお使いにならないでください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。

    (1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
    (2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

    そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

商品の特長について

  • アルコールのような匂いがします。
    品質安定のために、ごく少量のエタノールを使用しています。
  • 配合されている成分の中で、皮膚トラブルを起こしやすい成分はありますか?
    ございません。
  • ◆肌潤化粧水について◆
    夏場はベタつく気がします。
    乾燥で硬くなった肌を瞬時にしなやかにし、美容成分や水溶性保湿剤の浸透を促すため、角層柔軟オイルを配合しております。
    このためお客様によってはベタつきと感じられるかもしれません。テクスチャーのお好みは大変重要なポイントかと思います。気になる方は1回のご使用量を減らし、ご使用ください。
  • ◆肌潤クリーム・肌潤ジェルクリームについて◆
    何が違うのですか?
    エモリエントオイルと水溶性保湿剤の配合量の違いとなります。
    肌潤クリームはよりエモリエントオイルが多く配合されており、
    肌潤ジェルクリームはより水溶性保湿剤が多く配合されています。
    つっぱり感やカサつきを感じたり、皮剥けを起こしている場合はクリームを、特に油分が不足していると感じない場合はジェルクリームをおすすめいたします。
  • ◆肌潤クリーム・肌潤ジェルクリームについて◆
    どちらが自分の肌に合っているのかよく分からず迷っています。判断する方法はありますか?
    【お好みのテクスチャーでお選びください】
    肌潤クリームはエモリエントオイルがより多く配合され、なめらかな使い心地です。肌潤ジェルクリームは水溶性保湿剤をより多く配合しており、みずみずしい使い心地です。

    【肌状態を見ましょう】
    そのときの肌状態によってもどちらが最適かが変わってきます。季節、体調、ホルモンバランスなどにより、肌状態は変わります。「今日は乾燥している」「今日は脂っぽい」など、肌状態を見ながら調節してあげることも大変重要です。
  • ◆肌潤クリーム・肌潤ジェルクリームについて◆
    オイルを配合しているとのことですが、日やけしてしまう可能性はないのですか?
    日やけを助長するようなオイルは配合していませんので、安心してお使いください。
  • ◆肌潤BBクリームについて◆
    一年中使用できますか?
    一年を通してご利用いただけます。

効果について

  • ラインで使用した方がより効果が出ますか?相乗効果がありますか?
    ラインでご使用いただくことで、一品一品の効果がより高まるということはございません。
    ですが、米肌は「与える潤い」だけではなく、「自ら取りこみ」「自ら創りだす」自活保湿ケアをコンセプトに開発されております。
    ライン使いをしていただくことで、米肌の目指す潤いに満ちた肌をより実感していただけるのではないかと思います。
  • すぐに効果が現れず、心配です。
    効果をご実感いただく時期には個人差がございます。もうしばらくご使用いただき、ぜひ様子を見てください。
    使用翌日にお肌のハリ感や回復感があれば効果のサインになります。
  • 美白効果はありますか?
    角層細胞を充分な潤いで満たすことで肌の透明感を高めます。澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスにつきましては、美白有効成分を含んでいます。
  • どんな風に毛穴に効くのですか?
    潤いでキメにハリが生まれることから毛穴が目立ちづらくなります。
    乾燥するとキメにハリがなくなり、キメとキメの間に存在している毛穴が目立ちます。キメとキメの間に隙間ができるためです。
    反対にキメを潤いで満たすと、角層の内側から潤いでハリが出て、キメがふっくらと持ち上がります。キメとキメの間の隙間がより小さくなり、毛穴が目立たなくなります。
  • 大人ニキビには効きますか?また、使用しても大丈夫ですか?
    化粧品はニキビを改善するものではなく、ニキビを防ぐことが目的の商品です。ニキビができるのは、「体内に脂が多いので、外に出して」というメッセージが体内で発生し、そのメッセージに対応した結果です。
    ニキビができる理由は、
    ①偏食(油っぽい食べ物や、チョコレートなどの食べすぎなどもあります)
    ②ホルモンバランスの乱れ(ストレスなど、ホルモンバランスが乱れる原因も多岐に渡ります)
    ③睡眠不足
    など、様々です。

    また、これらのほかに、乾燥により角層細胞が厚くなり、毛穴をふさぐこともニキビの原因となっています。
    米肌はニキビ専用化粧品ではございませんが、全ての肌トラブルは「乾燥」が根源の1つと考えておりますので、安定した潤いを保てる肌を目指すことで、トラブルの起きにくい肌へと導くことを目的に開発しております。 ニキビの箇所は避けてお使いください。ただし肌潤石鹸に関しましては、ニキビの箇所を避けてお使いいただくのは難しいですし、過剰皮脂を取り除く効果もございますので、充分な泡を立て泡をクッションにして、やさしく洗顔してください。またすすぎは流水で充分に行い、やさしく柔らかいタオルで軽く上から押さえるようにして水分を取り除いてください。炎症をおこしているニキビは、医師から化粧品(石鹸を含む)の使用を止められるケースもございます。 このような場合は専門医にご相談されることをおすすめいたします。
  • ◆肌潤化粧水・肌潤改善エッセンスについて◆
    どちらが効果があるのですか?
    どちらが効果があるかは、それぞれ役目が違うため一概には言えません。より美しい肌へ導くために、両方をご使用いただくことをおすすめしています。

    化粧水のアイテム効果とは、
    ①肌が潤い、自然なつやが付与され、透明感がアップします。
    ②角層細胞の新陳代謝の正常化を促します。
    ●肌潤化粧水の特長
    乾燥により硬くなった肌も角層柔軟オイルが速やかに浸透し、一時的に角層細胞の結合をゆるめて、肌潤化粧水の通り道をつくります。
    ライスパワーNo.11などの美容成分と保湿成分がスムーズに浸透し、角層内が潤いで満たされます。蒸発しやすい水分を肌に長く留めるため、肌表面をバリアの膜で整えます。

    エッセンスのアイテム効果とは、
    肌悩みの解決や、なりたい肌により近づくために使用するのが美容液です。美容液は美容成分が凝縮して配合されています。 目的により配合されている美容成分が違い、美白商品には美白成分を、オイルコントロール商品にはオイルコントロールの成分を、保湿商品には保湿成分のエキスが中心に配合されています。
    ●肌潤改善エッセンスの特長
    肌の水分保持能改善効果により、乾きづらい肌へと肌質が改善されます。
  • ◆肌潤クレンジングクリームについて◆
    ミルクタイプは手で温めてから使用すると、なじみが良くなると聞きましたが、クリープタイプも同じですか?
    クリームタイプも同じです。手の温度で温めると柔らかくなるため、ミルクタイプ同様、なじみが良くなります。
  • ◆肌潤クレンジングクリームについて◆
    なぜハリ感が実感できるのでしょうか?
    肌潤クレンジングクリームは保湿成分がたくさん配合されているため、肌の潤いを落としすぎることがないので、使用後の肌がしっとりするだけでなくキメがふっくら整いハリを実感することができます。
  • ◆肌潤クレンジングクリームについて◆
    拭き取りと洗い流しで、よりメイク落ちが良いのはどちらでしょうか?
    クレンジング力は同等ですが、後肌に違いがございます。
    拭き取りではしっとりとした後肌になり、洗い流しではさっぱりとした後肌になります。お好みでお選びください。
  • ◆肌潤石鹸について◆
    メイクは落ちますか?
    ライトなメイク(パウダーファンデーション等)であれば落ちますが、ポイントメイクはあまり落ちません。
    またライトなメイクでもクレンジングのご使用をおすすめいたします。
    汚れには2種類あり、それぞれに落とすアイテムも異なります。
    「クレンジング」でメイクアップ料や皮脂などの汚れを、「洗顔」で古くなった肌(角層細胞)やホコリなどを落とします。Wクレンジングを行い、肌の負担となる2種類の汚れをしっかり落としていただくことが理想です。

使用方法について

  • ◆肌潤クレンジングクリームについて◆
    手や顔が濡れた状態でも使用できますか?
    より汚れ落ちを良くするために、水は拭き取ってからご使用ください。
  • ◆肌潤クレンジングクリームについて◆
    まつげのエクステンションをしている場合にも使えますか?
    肌潤クレンジングクリームは、まつげのエクステンションにはご使用をおすすめしておりません。
    一般的にオイルクレンジングは接着が取れやすいといわれておりますが、肌潤クレンジングクリームは油分が多いため、まつげエクステンションの接着が取れやすくなる場合があります。
  • ◆肌潤石鹸について◆
    泡立て方を教えてください。
    1.手も石鹸もあらかじめ濡らしておきます。
    2.手のひらに石鹸成分をこすりつけます。
    3.水を足さずに人差し指と中指を使って泡立てます。この時はまだたくさんの泡を立てようとしないで、濃密な泡のもとをつくるだけで十分です。
    4.少量ずつ泡に水を足し、さらに泡立てます。力を入れる必要はありません。ポイントは空気を入れるように指を動かすことです。
  • ◆洗顔マッサージパフについて◆
    泡立て方を教えてください。
    キメ細かな泡立てには、適度な水分と十分な「空気」が必要です。
    1.洗顔マッサージパフをしっかり濡らし、その後固く絞ります。しっかり濡らすことで、パフの隅々まで水分が行き渡ります。パフに残った水分が多すぎると泡が大きくなります。ご注意ください。
    2.パフの表面に肌潤石鹸をこすりつけ、石鹸成分をつけます。
    3.手で何度か揉み、空気をパフ内に入れます。簡単にキメ細かい、弾力の泡ができます。

敏感肌の方の使用について

  • 敏感肌でも使用は大丈夫ですか?
    敏感肌用に開発している商品ではありません。
    厳しい安全性の試験をクリアしていますが、お肌に合うかどうかは相性にもよります。まずは、トライアルセットからお試しください。

    ※スキンケア化粧品に関しては、全商品アレルギーテスト済みですが、すべての方にアレルギーが起こらないということではありません。 敏感肌の方は、事前のパッチテストでお確かめいただくことをおすすめいたします。

保存方法について

  • 未開封で、どれくらいもちますか?
    当社商品に関しましては使用期限はございません。
    ですが、高温多湿の場所や直射日光のあたる場所に置いてあったなど、保管状態が悪かった場合には注意が必要です。キャップを空けてみて変な臭いがする、中身が分離している、色が変わっているなど、どこかおかしいなと感じられた場合には変質が起きていると判断し、保管の年数にはこだわらず、使用は避けてください。
    一度でも開封した化粧品の場合には、ホコリや雑菌が混入している可能性もあります。開封されましたらできるだけ早めにお使いきるようお願いいたします。
    またご使用後は随時容器の口元をきれいに拭き取り、キャップをきちんとお閉めください。
    ※未開封で正しく保管していただいた場合、少なくとも3年間は大丈夫です。
  • 開封後、どれくらいもちますか?
    開封後、直射日光が当たる所や高温多湿の場所に保管した場合や出しすぎた中身を容器に戻したりすると、変質する恐れがあるので、説明書に記載している正しい使用方法でお使いください。
    確かな品質でお使いいただくために、一度開封した商品は、なるべくそのシーズン内に使い切ってください。