1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. Beauty Study
  4. 夏のダメージを速攻クリア 米肌スキンケアで叶う、柔らか肌の取り戻し方
Skin Problem
くすみ/乾燥

夏のダメージを速攻クリア

米肌スキンケアで叶う、柔らか肌の取り戻し方

2016/9/2 UP

初秋の肌は他の季節よりもクオリティが低くなりがちなのをご存知ですか?その理由は、紫外線ダメージが原因です。顔を触って「ゴワついてる?」と感じたら、集中お手入れ時期かも?

秋がやって来ます。9月も初旬はまだまだ夏のような暑い日も多いのが例年の傾向ですが、ある時を境に一気に秋の気配を感じるものです。その時に初めて気がつく「夏の後遺症」。
肌を触ってみてください。ゴワついていませんか?それはまぎれもなく、夏の紫外線ダメージの後遺症の可能性が大です!ここでダメージをクリアにしておかないと、肌は必ず「くすみ」ます。
なぜ?それは、紫外線ダメージによって起こった角層肥厚と乾燥によるもの。肥厚した角層にはシミの原因にもなっているメラニンも蓄積しています。
さあ、古い肌を拭い去り、うるおいで満たされた、柔らか肌を取り戻しましょう!

米肌オススメ
柔らか肌を取り戻す!ホットタオルを使った夏のダメージクリア法

STEP1 「クレンジングをする前に」ホットタオルで顔を温める

ホットタオルで温めると、肌のキメが緩み、より汚れの取れやすい肌状態になります。1分程度、顔全体を温めます。

ホットタオルの作り方
フェイスタオルを濡らして固く絞ってから、500Wの電子レンジで1分温めます。(※ラップにくるんでレンジで温めると、より清潔に使えます) (※熱さの感じ方には個人差があります。顔に置く前に腕の内側などで温度を確かめてください。その際、やけどにご注意ください。)


STEP2 アイテム : 澄肌クレンジングオイル

クレンジングの段階から、メイクアップ料を落としながら古い角質を落としましょう!

澄肌クレンジングオイルのココがスゴイ!
肥厚して硬くなった角質を「角質柔軟成分」がほぐして取り去る「澄肌クレンジングオイル」。クレンジングする度に、柔らかな肌に近づきますよ。 ※オレイン酸オレイル

<使い方>
顔の内側から外側に向かって、くるくるとやさしく円を描きながら、 オイルをメイクになじませます。そのあとたっぷりのぬるま湯を使って、落とし残しのないように洗い流します。

ポイント!
ゴワつきが気になるところは、クレンジングオイルを少し多めにとって、特に丁寧に汚れとなじませましょう。


STEP3 アイテム : 肌潤石鹸

古い角質はもちろん、キメの間に入り込んだ汚れをしっかり取り去りましょう!

肌潤石鹸のココがスゴイ!
濃密な弾力の泡が、汚れを取り去り、すべすべの素肌に導きます。洗顔後は皮膚表面をコンディショニングして、後から使用する化粧水がより肌に入りやすい状態に整えます。 ※洗顔後、生体類似成分(細胞膜と同じ成分であるリン脂質の類似成分である「ポリクオタニウムー51」が肌をコーティングすることで、化粧水との親和性を高めます)

<使い方>
手のひらいっぱいに泡立てた泡を、肌の上で軽く滑らせながら、小さな円を描いてマッサージします。顔全体に泡が行き渡ったら、ぬるま湯で、洗い残しがないように洗い流します。

ポイント!
汚れが溜まりやすい小鼻などは、指先を使って少しだけ力をいれて、内側から外側に小さい円を描きながら毛穴の汚れをかき出すような気持ちで行います。力を入れ過ぎないように加減しながら行ってください。


STEP4 肌潤化粧水

汚れがキレイに取れたら、いよいよ保湿です!

肌潤化粧水のココがスゴイ!
角層柔軟オイル※1が、乾燥で固くなった肌もゆるめて、うるおい成分を素早く浸透※2させます。 ※1 オクチルドデカノール
※2 角層まで

<使い方>
コットンに裏までしみとおる位の量(500円玉大)を出し、やさしくパッティングしながらなじませます。


STEP5 肌潤改善エッセンス

肌に嬉しいアミノ酸や、豊富なペプチド、糖類などが生体に有効なベストバランスで含有されている「ライスパワーNo.11」が高濃度※1に配合されているエッセンスをつけましょう!

肌潤改善エッセンスのココがスゴイ!
ライスパワーNo.11は使用することで、肌のバリア機能の要である「セラミド」の産生を促進※2し、角層内の水分保持能を改善し、向上させます。 ※1 シリーズ比
※2 医薬部外品の効果として

ポイント!
紫外線ダメージの大きかった夏につくられた肌は、うるおい成分がとても少ない可能性が大です!肌潤改善エッセンスで、肌のバリア機能の要であるセラミドの産生を促進して、うるおいあふれる素肌を取り戻しましょう!通常の規定量は「ポンプ2回押し分」ですが、今回は夏の紫外線ダメージをクリアするためにうるおい成分をたっぷり肌に届けてあげることがおすすめです。「ポンプ4-6回押し分」でお手入れすることをおすすめしています。


STEP6 肌潤化粧水でローションマスク

ローションマスクに肌潤化粧水を含ませて、3-5分置きます。
ローションマスクの作り方はこちら

ポイント!
化粧水はたっぷり含ませましょう!肌にのせたとき、「ひんやり」感じるくらいがベストです。


STEP7 ローションマスクをした上から、ホットタオルで温めます

顔を温めて、美容成分をググッとさらに角層の奥まで浸透させます。リラックス効果も抜群です!
ローションマスクを剥がす直前に、もう一度顔全体を、30秒~1分程度ホットタオルで温めます。
※ホットタオルの作り方は「STEP1のホットタオルの作り方」を参照してください。


STEP8 肌潤クリーム(or 肌潤ジェルクリーム)で蓋をします

指先にとり、あご・両頬・鼻・ひたいの5ヵ所に少量ずつ置いてから、顔全体にムラなく丁寧にのばします。

最後に手のひらで顔全体を包みこんでハンドプレスします。

いかがでしたか?
「肌が柔らかさを取り戻したかな?」「ちょっとツヤが戻ってきたかな?」を感じるまで、週に1度の目安でお手入れしてあげるのがおすすめです。
ぜひお試しくださいね!

関連リンク

季節と肌

季節と肌「秋編」vol.1
肌のゴワつきを柔らかくするお手入れ

2015/9/11 UP
トップへ