お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-018-755 受付時間:10:00–19:00 年中無休(年末年始を除く)
KOSE PROVISION

送料無料まで、あと3,240円

ご注文金額0円

カートを見る0

  1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. Beauty Study
  4. 表面テカテカ、中はカサカサ、毛穴の開きも気になる… インナードライの克服お手入れ法
Skin Type
インナードライ

表面テカテカ、中はカサカサ、毛穴の開きも気になる…

インナードライの克服お手入れ法

2016/9/16 UP

しっかり保湿しないと乾燥する。でも保湿するとすぐテカる。いつまでたってもこの繰り返し。
お手入れポイントをおさえて、Let's get over "インナードライ状態”!

「肌は油分が多くてベタベタなのに、水分は足りなくてカサカサ。お手入れ方法が分からない!」
「保湿しなければつっぱるし、保湿するとベタベタ。」「クリームはしっとりとさっぱり、どちらにするべきなの?」というお悩みの声をよく伺います。
今回は、そんなインナードライ※に悩む方へのお手入れ提案です。

※インナードライとは、皮膚表面は皮脂が浮いているが、肌内部(角層内)は乾いている状態の肌のことを指すイメージワード。オイリードライと同じ。

油水分バランスを整えるポイントは?

化粧品には肌の油水分バランスを整えて、健康な肌に導く役割があります。油水分バランスのコントロールが上手くいかないと、テカリや乾燥はもちろん、毛穴が詰まったりニキビができてしまうケースもあります。季節や体調などでも肌は変化するため、ベストなお手入れ方法も変化します。

インナードライでお悩みの方は、まず油水分のバランスを整えることがポイントです。
1.皮膚表面の余分な皮脂を取り除くこと
2. 毛穴の汚れをしっかり取り除くこと
3. 肌の部位にあわせて化粧水で十分に保湿し、油水分量をコントロールすること

おすすめのお手入れ方法

では、具体的なお手入れ方法をご紹介させていただきます。

Night Care

STEP1 クレンジングは"オイルタイプ"か"クリームタイプ"のクレンジング料を使用する

肌がインナードライに傾いているときは、肌表面を過剰皮脂が覆い、キメのすみずみにも入り込んでいる可能性が高いです。そのためクレンジングの種類は「オイルタイプ」か「クリームタイプ」がおすすめです。油(皮脂)の汚れは油で取り込むことで、しっかりと取ることができます。(オイルタイプのクレンジングを使うとつっぱりやすいと感じている方は、クリームタイプがおすすめです。)

☆クレンジングには様々な種類があり、それぞれにメリットがあります。肌状態やTPOに合わせて、賢く使い分けましょう!☆

★プラスワン メソッド <毛穴の開きが気になる方には特におすすめ!>

クレンジングをする前にホットタオルで顔を温めます

顔を温めることで、キメも毛穴も皮脂も緩み、すみずみに入り込んで取れきれていなかった皮脂汚れが大変取れやすくなります。食事のあとお皿を水に浸してお皿についた食べ物をほぐして取れやすくしますよね?クレンジング前のホットタオルも同じことです。油を温めて緩めておくのです。特に毛穴の開きが気になる方にはおすすめです。開いた毛穴には「角栓(かくせん)」と言われる汚れが詰まっています。角栓は硬いので、きちんと汚れを落としているつもりでも、なかなかしっかり取り除くのが難しいのです。そんな硬い角栓も温めると格段に取れやすくなります。
ホットタオルは、タオルが冷える前に顔から外します。

<ホットタオルの作り方>

お手持ちのフェイシャルタオルを水で十分に濡らし、固く絞って電子レンジで温めます。(加熱時間の目安:500Wの場合1分)※熱さの感じ方には個人差がありますので、顔にのせる前に、手の甲や腕の内側で温度を確認してください。やけどに注意してください。)

米肌のおすすめのクレンジングはこちら!
毛穴の開きが気になる方は → 澄肌クレンジングオイル
乾燥しやすい方は → 肌潤クレンジングクリーム

皮脂・角栓クリア成分配合で、取れにくい皮脂や角栓もしっかりオフ!

※エチルヘキサン酸セチル
澄肌クレンジングオイル

150mL 1,800円(税抜)

うるおい成分65%配合で、うるおいに包まれながら、汚れをオフ!

肌潤クレンジングクリーム

120g 1,800円(税抜)

STEP2  洗顔はたっぷりの泡で行う

洗顔料の使用量はメーカーの提示する量を使用して、しっかり泡立てて洗顔しましょう。汚れは洗浄成分と泡で取り除かれます。そのため、適切な使用量とたっぷりの泡は、汚れをしっかり取るために必要です。またすすぎ残しは肌トラブルの原因にもなりますので、しっかり行いましょう。洗うための時間は30秒~1分が目安です。すすぎは洗っていた時間の倍をかけるつもりで、1~2分を目安にしてください。

泡立てネットがなくても、ホイップクリームのようなキメ細かい泡が簡単につくれる米肌の洗顔石鹸。

選択洗浄性採用で、必要なうるおいは残しながらスッキリ洗顔。

※必要なものを残し、不必要なものを洗い流す洗浄性能機能
肌潤石鹸

80g 3,500円(税抜)

STEP3  化粧水は重ねづけする

「ベタつく」けれども「乾燥する」のであれば、水分が足りていない可能性が高いと言えます。
1. コットンの裏まで染みとおる量(500円玉大)を出し、やさしくパッティングします。
2. 化粧水が肌にある程度なじむまで、30秒~1分程度待ちます。
3. もう一度、乾燥や毛穴の開きが気になるところ、日中に脂浮きしやすい部位に、化粧水を重ねづけします。このときは、手のひらに化粧水を少し出して、指先ですくうようにして重ねづけします。
4. 30秒ほど待って、重ねづけした化粧水が肌になじんだと感じたあとに、まだ乾燥が気になる部位があるときは、もう一度「3」と同じ要領で重ねづけします。

最初はコットンで化粧水を顔全体につけます。

化粧水がなじむのを待って、気になる箇所に指で重ねづけします。

30秒ほど待って、まだ乾燥が気になる部位があれば、もう一度重ねづけします。

米肌の人気No.1商品。濃縮感のあるうるおいが肌を包み込みます。

肌潤化粧水

120mL 5,000円(税抜)

STEP4 クリームは必ずつける。でも量は少なめに

クリームを全くつけないと、せっかく与えた化粧水の水分が蒸発してしまいます。クリームもしくは乳液は必ずつけましょう。「美容液をつけているから大丈夫でしょ?」と思っていたら、それは間違いです。油水分のバランスを整えて、バリア機能をサポートするには、クリームは必須アイテムです。
皮脂分泌が過剰になりやすく、ベタつきやすい部位はクリームの量を薄く少なめにつけましょう。(減らし方の例:最初は規定量の8割の量をつけてみます。それでも翌日の肌状態がベタついているときは半分まで減らしてみましょう。様子を見ながら徐々に量を減らしましょう。)クリームの量を減らしてもまだ日中に肌表面がベタつくときは、エモリエント成分の配合量が少なめの、軽めのクリームに変えてみてください。

たっぷりと配合されたエモリエント成分が肌に溶け込み、しっかりとした保護膜を形成します。

肌潤クリーム

(しっとりうるおう)
40g 5,000円(税抜)

たっぷりと配合された保湿成分が素早く肌になじみ、みずみずしい使用感で保護膜を形成します。

肌潤ジェルクリーム

(さっぱりうるおう)
40g 5,000円(税抜)

Morning Care

朝はSTEP2~4までを行います。ただし、朝起きたときに肌表面にベタつきを感じた日は、STEP4のクリームは朝だけカットするか、乾燥しやすい部位のみにつけます。
また、そんなときはさっぱりタイプの化粧水で肌を引き締めてあげるのもおすすめです。

みずみずしいうるおいで透明感のあるなめらかな肌へ

澄肌美白化粧水【医薬部外品】

120mL 5,500円(税抜)

※効能:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

いかがでしたか?
大切なのは、自分の肌を見つめて化粧品を選び、つける量を調節することです。
肌は生きているので肌状態も変化します。「この化粧品を使っていれば大丈夫。この位の量をいつもこの位つけていればOK!」と簡単にはいきません。自分の肌を見つめてケアしていけば、きっと肌も応えてくれるはずです。
ぜひ楽しみながらお手入れをしてくださいね!

関連記事

スキンケア
保湿

使うとなぜキレイになるの?
化粧品の役割 ~保湿編~

2015/2/23 UP
トップへ