1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. Beauty Study
  4. 美容にまつわる質問に米肌が回答!化粧水編
Q&A
Lotion

美容にまつわる質問に米肌が回答!
化粧水編

2016/10/21 UP

普段から気になっている、あの疑問。
こんなときはどうすればいい?この使い方あっている?
今回は皆さまからいただいた、化粧水にまつわる疑問にお応え致します。

Q. 化粧水はコットン?手? どちらでつけるのが良いのでしょうか?

コットン使用がおすすめです。
コットンは、多量の化粧水を一気に肌に届けるための「ツール」です。
手でつけても問題ないのですが、コットンでつけた同じ量を手でつけるには大変時間が掛かります。同じ量をコットンと手にそれぞれ出して肌につけてみると比較しやすいかもしれません。
肌が十分にうるおったかどうかの目安は、化粧水をつけたあと「肌がヒンヤリしているかどうか」。
ヒンヤリしていると感じたら、しっかりうるおった合図です。
合わせて覚えていただきたいポイントです。
(商品の特徴により、コットンではなくて手でつけるタイプのものもありますので、ご注意ください。)

Q. 肌を乾燥させないためには、高価なものをちょっと使うより、安価なものをたっぷり使ったほうがいい?

肌を乾燥させないためのポイントは、価格では判断できません。肌を乾燥させないため重要なのは「保湿力の高さ」です。一般的には高価格なものほど保湿力が高いと想像されますが、必ずしも価格と保湿力がイコールでない可能性もありますし、同じ価格でも保湿力に差があるケースも考えられます。
では、保湿力が高い化粧水を少量つけるのと、低い化粧水をたっぷり使うのではどちらが肌の乾燥を防げるのでしょうか?

「水」は肌にとって欠くことのできない必要なものです。ですが空気に触れていると蒸発してしまいます。この蒸発を防ぐのが保湿成分です。保湿化粧水には「水」と「保湿成分」が配合されており、「水を与えること」と「与えた水を肌に留めること」が保湿化粧水の役割です。この保湿成分の効果の差が、化粧水の保湿力の差になります。(保湿成分は肌をうるおす効果と、水を肌に留める2つの効果を持っています)保湿効果の低い化粧水をたっぷり使ったとしても、その化粧水の保湿力は上がりません。

また肌にとってある程度の量は必要です。(各メーカーが提示している「適量」がこれに当たります)保湿効果の高い化粧水であっても、量が適量に満たなければやはり肌は乾燥してしまいます。
肌を乾燥させないためには「保湿効果の高い化粧水を適量使う」ことが必要です。

Q. ミストを使うと肌の水分まで蒸発してしまってさらに乾燥してしまうって本当??

こちらはたいへん多くいただくご質問の1つです。これは頻繁に水で手を洗うと乾燥が進むため、水が蒸発するときに肌の水分まで取られていると感じている方が多く、そのためミストに対しても同じことが起きるのではないかと不安に思っていらっしゃる方が多いからかもしれません。
手を洗って乾燥するのは、一緒に使う石鹸やハンドソープなどの洗浄料で皮脂や天然の保湿因子であるNMFが少なからず取られるためと、手をこすりあわせたときにもNMFが流出する可能性があるためです。

化粧水が蒸発するときに、一緒に肌の水分まで取られることはありません。保湿成分が入っているものあれば、上からシュッとかければうるおい補給になります。

ただし一気にかけすぎると肌の吸収が追いつかず、メイク崩れにつながりますので気をつけてください。

いかがでしたか?
日頃からの疑問の解消になっていたらうれしいです!

米肌の2つの化粧水のご紹介です

米肌の人気No.1商品。濃縮感のあるうるおいが肌を包み込みます。

肌潤化粧水

120mL 5,000円(税抜)

肌潤化粧水(つめかえ用)

110mL 4,500円(税抜)

みずみずしいうるおいで透明感のあるなめらかな肌へ

澄肌美白化粧水【医薬部外品】

120mL 5,500円(税抜)

澄肌化粧水【医薬部外品】(つめかえ用)

110mL 5,000円(税抜)

※効能:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

関連記事

スキンケア
保湿

使うとなぜキレイになるの?
化粧品の役割 ~保湿編~

2015/2/23
トップへ