お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-018-755 受付時間:10:00–19:00 年中無休(年末年始を除く)
KOSE PROVISION

送料無料まで、あと3,240円

ご注文金額0円

カートを見る0

  1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. 季節と肌
  4. 季節と肌「夏編」vol.3 紫外線を浴びた日には、「ひんやりお手入れ」
季節と肌

季節と肌「夏編」vol.3
紫外線を浴びた日には、「ひんやりお手入れ」

2015/8/11 UP

一年の中で一番紫外線が強い季節、8月。きっと、紫外線対策もしっかりされている方も多いはず。日やけ止めや紫外線防止効果の高いベースメイク料は外せないアイテムですよね。
スキンケアでは美白はもちろん、その日のうちに「肌をひんやりさせて落ち着かせること」がオススメです!今回は夏にぴったりな、ひんやりお手入れの方法をお届けします。

メラニン工場が活性化するのは、紫外線を浴びた12時間以内

紫外線を浴びた肌は、肌も熱くなっている気がしませんか?
その少し熱くなった状態は肌にとっても「刺激」。その刺激が、肌内部にある「メラニン工場」を始動させます。

メラニン工場が活性化するのは、紫外線を浴びた12時間以内と言われています。

肌内にある「メラノサイト」は、メラニンをつくる役割があります。紫外線をたくさん浴びた日は12時間以内に始動して、メラニンをたくさん作ります!

12時間後…
メラニンを生成して肌に送り届けます。

ローションマスクで肌をひんやりさせましょう!

ローションマスク

暑かった日はメラニン工場が活性化する前にお手入れをしましょう!
肌がひんやり!気分も一緒にリフレッシュできる、ローションマスクがオススメです。
また、「肌潤化粧水」なら、冷蔵庫で冷やしてもOK!冷たくて気持ちいいですよ♪

日やけは目からも!サングラスをかけよう!

サングラス

紫外線防止のためのアイテムはいろいろありますよね。日傘はもちろん、アームカバーなど、いろいろなアイテムで紫外線対策をしている方をお見かけします。
サングラスもそのひとつ。昔から比べれば、お洒落もかねて使用している人は増えてきましたが、まだまだ日傘ほど、日常でサングラスをかけている人は、日本では多くないように見受けられます。
でも実は目に入った紫外線も刺激となり、メラニン生成の指示を出します。 目を傷めないためにサングラスは大切なアイテムですが、メラニン生成の阻止のためにも必要なんですね!

サングラス選びで大切なことは、UVカット加工がされているものであること。
次に色。サングラスというと色の濃いものを選びがちですが、日常使いなら薄い色にしましょう。 濃い色のサングラスなら眩しくはないのですが、瞳孔が開くので、紫外線が目の中に入りやすくなります。


いかがでしたか?ひんやり肌を落ち着かせるお手入れでリフレッシュして、暑い夏を乗り切りましょう!


<関連記事>
季節と肌「夏編」vol.1 化粧崩れをグッと抑える4つのポイント
季節と肌「夏編」vol.2 汗のかき方で化粧崩れに差が出る?良い汗のかき方

トップへ