スキンケア
メイクノリ

メイクノリを良くしたい!
ノリの悪さに悩む方へ…メイク前のお手入れ方法

2015/1/13 UP

肌が荒れていたりくすんでいる…そんな肌状態のときに、そのままいつものお手入れでベースメイクをしても、なかなかメイクがキレイにのらなかった…という経験をしたことはあるのでは?
メイクノリがUPするオススメお手入れ方法を、ぜひお試しください!

メイクノリの悪さをどうにかしたいときにオススメ

メイクのノリが悪いときは皮脂と水のバランスが悪く、キメも乱れて肌が硬くなってしまっています。
メイクを始める前にしっかり水分補給をし、肌をほぐしましょう。

キメが潤う!肌がふっくらして気分までスッキリ

3STEPで完了するお手入れです。メイク前、洗顔後のキレイな肌状態から始めましょう。

●使用アイテム
1. 「肌潤改善エッセンス」
2. 「肌潤化粧水」
3.「ローションマスクまたはコットン」

肌潤改善エッセンスをたっぷり肌になじませます。

肌潤化粧水をたっぷり含ませたローションマスクをのせます。
※プレミアム品の肌潤化粧水マスクでも、もちろんOKです。

さらにその上に肌潤化粧水を含ませたコットンをのせます。
5分程度おいたらはがしましょう。

最後にハンドプレスをして終了です。肌潤改善エッセンスと肌潤化粧水が肌になじむまで、3~5分程度待ちます。 あとはいつものメイクをしましょう!

※特にメイク崩れやくすみが気になる部分だけでもOKです。
※メイクをしてもツヤがないと感じた部分には、肌潤クリームや肌潤ジェルクリームを少量足してください。

もともとメイクが崩れやすい肌質の方にオススメ

肌は乾燥すると過剰に皮脂を分泌することがあります。

「乾燥するのに、ベタつく」「皮脂と水のバランスが悪くてメイクがすぐ崩れる」…
そんな肌状態が続いているときは、 化粧水の重ねづけがオススメです。

みずみずしいのにベタつかない肌へ!

こちらも3STEPです。こちらは朝晩、継続することをオススメします。

●使用アイテム
1. 「肌潤化粧水」
2. 「コットン」

コットンに肌潤化粧水をたっぷり含ませて、やさしくパッティングします。
上まぶたはやさしくスライド。下まぶたは、特に力を抜いて、行いましょう。

肌表面が少し乾いてきたら、今度は手で肌潤化粧水をやさしくパッティングしながらなじませます。
※上まぶたと下まぶたは、特にやさしく指の腹で肌に押し込む感覚で。

肌表面が少し乾いてきたら、STEP2をもう一度行います。

最後にハンドブレスをして終了です。
※量や回数はお肌の状態に合わせて加減してください。

これでメイクの持ちもアップ!
朝のスキンケアタイムを5分だけ延長して、ぜひお試しくださいね。

トップへ