1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. アイテム別のお手入れ
  4. 洗顔って大切!「肌潤石鹸」で肌の健康をいつでもキープ!
スキンケア
洗顔

洗顔って大切!
「肌潤石鹸」で肌の健康をいつでもキープ!

2015/1/13 UP

あなたはいつどのように洗顔をしていますか? 正しい洗顔は美肌を導くと言われるように、洗顔はとっても大切。 その洗顔の重要性と肌潤石鹸のお話です。

炎症、ニキビ、シミの原因は、洗顔不足かも!?

洗顔の役割は、古くなった角層細胞、ホコリ、皮脂を落とすこと。
最近は、「乾燥が気になるので朝は洗顔しない」という方が増えていると聞きます。米肌にも「朝洗顔は必要?」というお問い合わせをいただいたり、「1日2回洗顔すると乾燥してしまう」と感じる方もいらっしゃるようです。

でも、1日2回の洗顔は「洗顔のしすぎ」にはなりません。 基本的には1日2回の洗顔でしっかり汚れを落としていただくことをオススメします。
1日2回の洗顔をオススメしている理由は2つあります。

① 角層細胞は、水やお湯では落ちないから

古くなった角層細胞が溜まると、ザラザラ感や毛穴の開きの原因になってしまいます。

② 就寝中にも皮脂は分泌されているから

皮脂は水やお湯では洗顔料を使用したときのようには、きちんと落としきれません。
また就寝中に分泌された皮膚表面に残った皮脂は、空気に触れると「酸化」してしまいます。さらに時間の経過とともに顔の他の部位の皮脂も連鎖して酸化していきます。

※本来肌から分泌される皮脂は、汗と混ざり皮脂膜(ひしまく)という天然の潤いの保護膜となって肌を守りますが、皮脂が過剰に分泌されると皮膚表面に脂(アブラ)だけが残っているような、ベタついた状態になります。
顔を触って、「ちょっとベタつきを感じる」、その「ちょっと」は、汗と皮脂の分泌のバランスが崩れて余った脂になります。

酸化した皮脂は、炎症、ニキビ、シミの原因になります!

皮脂が空気に触れて酸化した状態を「過酸化脂質(かさんかししつ)」と言います。この過酸化脂質は肌に炎症を起こす原因になり、炎症を起こすと今度は「活性酸素」が発生します。 この活性酸素がニキビをつくったり、メラニン色素の産生を活性化させてシミができたりしてしまいます。
洗顔で余分な皮脂や古くなった角層細胞をキレイに落とすことは、欠かせないのです。

乾燥しやすい冬でも安心!「肌潤石鹸」汚れはオフ!潤いはキープ。

オリジナル高純度精製石鹸成分+生体類似保護成分〔プロテクトポリマー〕+ライスパワーNo.11をはじめとする豊富な美容成分で、過剰皮脂、古い角層細胞、ホコリなどの汚れをしっかり落としながら、潤い成分はキープ。ツルツル、ピカピカの肌に整えます。

手のひらを濡らした状態で空気を含むようにするとキメの細かい泡が立てられます。指と指の間を開けて泡立てるのもオススメです!
また、手に汚れがついていると泡立ちにくくなるので、洗顔前には手を洗いましょう。難しい方は洗顔パフや泡立てネットをお使いいただいても良いかもしれません。

背中にニキビ?そんなときは…月に1回は全身を「肌潤石鹸」で洗いましょう!

食事のバランスやホルモンの関係、または忙しすぎて疲労物質が蓄積していたり、ストレスが溜まっていたり、さまざまな原因で皮脂分泌が過剰になることがあります。それは顔だけでなく、身体にニキビとなって現れることも。

顔の皮脂分泌が過剰になっていると感じたときは、身体の皮脂の分泌も多くなっているもの。そんなときは、ぜひ「肌潤石鹸」で、身体も一緒に洗ってください!
泡立ちの良さがクチコミでも好評の「肌潤石鹸」。 キメ細かな泡が過剰皮脂だけでなく、古くなった角層細胞、ホコリもすっきり取り、さらにライスパワーNo.11が潤いをキープ。身体もツルッツルになりますよ♪

トップへ