お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-018-755 受付時間:10:00–19:00 年中無休(年末年始を除く)
KOSE PROVISION

送料無料まで、あと3,240円

ご注文金額0円

カートを見る0

Beauty Study
エイジングケア

解決しない「毛穴問題」
私のお手入れ、間違ってますか?

2016/6/6 UP

夏になるとより気になるのが毛穴問題。
「きちんとお手入れしているのに、ちっとも良くなりません。」
「ずっと悩んできたけれど、一体どうすればいいの?」
毛穴解決策の本当に大切なポイントを、Let's check it out !

「なにをやっても毛穴が目立つ!」「どうしたらいいの?」と途方にくれる方が多い「毛穴問題」。
目立つ毛穴を目立たせなくする必要アイテムとお手入れ方法を、初心に戻って確認しましょう。

敵(毛穴)を制するためにはその正体を知る

夏になると特に症状が悪化する毛穴のタイプは2つ。毛穴周りが黒く見える「黒ずみ毛穴」と毛穴付近を触るとベタベタしている「ひらき毛穴」です。2つのタイプは症状に若干の違いはありますが、根本的な原因は同じです。この2つの「毛穴の目立ち」の原因は、「毛穴が詰まっている」から。そしてその詰まっている中身を「角栓(かくせん)」と言います。

角栓の中身は、「角層細胞」、「角層細胞になる際に産出された代謝物(残骸)」、「ホコリ」などで、それらの汚れと「皮脂」が絡まり、団子のような状態です。角栓の約70%はタンパク質(角層細胞もタンパク質)で硬いため一度詰まると、なかなか取れません。

◆角栓ができるまでの流れ

肌は通常は一定の角層の厚さをキープしています。角層を構成する角層細胞は、本来は一定時期が経過すると自然に剥離していきます。(図1)

しかし紫外線などの影響を受けると紫外線の肌内への侵入を防いで肌を守ろうとするため、角層が肥厚し、古くなってもキレイに剥がれることができずに、そのまま毛穴の中に入り込むケースが多々起こります。(図2)

毛穴に入り込んだ古い角質やホコリなどの汚れと、皮脂腺から分泌される皮脂(油)が混ざって角栓になります。(図3)

角栓を取るために効果的なお手入れのコツ

「毛穴ケア」と言えば始めに思い浮かべるのは「クレンジング」という方も多いかもしれません。
それは大正解!
でも、ちょっと待ってください。その前に、ぜひやってほしいことがあります。

■クレンジングの前にホットタオルで温める

クレンジングをする前にやってほしいこと、それはまず顔を温めることです。顔を温めると毛穴も角栓も緩みます。毛穴に隙間ができて、角栓も柔らかくなるので、より取れやすい状態になります。

「毛穴が目立たなくなった」と感じられるまで、続けてくださいね。「昨日やってみたから、今日はお休み」というのでは、思った効果は期待できません。効果を感じたらお休みしてもOK。また気になりだしたら、始めましょう。ちょっとがんばって、キレイになりませんか?

●ホットタオルの作り方

フェイスタオルを濡らして固く絞ってから、500Wの電子レンジで1分温めます。下記のようにタオルを折ると、お手入れがしやすくなります。
※熱さの感じ方には個人差があります。顔に置く前に腕の内側などで温度を確かめてください。その際、やけどにご注意ください。

フェイスタオルを縦に半分に折ります。

片方の端だけが4cm程度長くなる位置を中心にして、2つに折ります。

「輪」になっている方からクルクルと巻いていけば、完成!このまま電子レンジへ。(ラップで巻くとより清潔にお使いいただけます)

▼このようにすると、ホットタオルが冷めないうちに一度に全顔を温められます。

縦に半分に折ったホットタオルを、顔の半分を覆うように置きます。小鼻がギリギリ隠れるくらいの位置が目安です。
※タオルの折り目が上になるようにしましょう

鼻の穴がふさがらないようにしながら、タオルを折って顔を覆います。

反対側も同じように折り、手で押さえます。タオルが冷めてきたと感じたら、終了です。(1分くらいが目安です)

※マイルで交換できるプレミアム品に、今治タオルをご用意しています。
 詳しくはこちらから

クレンジングは「オイルタイプ」か「クリームタイプ」を使用する

顔をホットタオルで温めたら直ぐにクレンジングをします。ここでどんなタイプのクレンジングをチョイスするかも、とても大切なポイントです。

クレンジング料にはいくつもの種類があり、それぞれ特徴があります。使用するシーンや目的によって選び方を変えるのがオススメ。

角栓を取ることを目的に考えた場合は、オイルタイプかクリームタイプがオススメ。理由は、まずどちらもクレンジング料の中で、洗浄力が高いからです。取れにくい角栓を取るには高い洗浄力を持つクレンジングが理想的でしょう。

また、角栓を取り除くためには、配合されている油分量が多いことが必要です。角栓はほとんどがタンパク質でできていて、そのタンパク質に皮脂などの油分が絡みついています。クレンジングに配合されている油分は角栓の皮脂ともなじみやすいため、クレンジングの油分が角栓の油分を巻き込んで、肌に負担をかけることなく、角栓そのものをスルリと取ることができるのです。

▼クレンジングの種類と特徴はこちらから
(今まで間違っていたかも…。プロに聞いた“正しいメイク落とし”とは?)

角栓を取るなら、ぜひ試してほしい「澄肌クレンジングオイル」

■オススメの理由① 角栓を取り除く成分が配合されています

澄肌クレンジングオイルは「皮脂・角栓クリア成分」※を配合しています。毛穴の中に入り込み、硬く取れにくい角栓を浮かせ、かき出します。高い洗浄力であることはもちろん、より角栓が取れやすいように処方されています。

◆澄肌クレンジングオイルで、角栓が取れるメカニズム

澄肌クレンジングオイルを肌にのせ、メイク汚れとなじませます。

皮脂・角栓クリア成分が毛穴の中に入りこみ、隙間をつくり、硬い角栓を浮かせます。

水かぬるま湯で洗い流せば、浮かせた硬く取れにくい角栓もすっきり取れます。

※皮脂・角栓クリア成分:エチルヘキサン酸セチル

■オススメの理由② 将来の角栓を作らせないケアも同時に行っています

澄肌クレンジングオイルなら、角質柔軟成分が、角栓の大きな原因のひとつである古い角質(タンパク質)も、クレンジングしながら一緒に取り除きます。将来、角栓ができにくくなるようにケアまでしてくれるクレンジング料です。

角質柔軟成分:オレイン酸オレイル
澄肌クレンジングオイル

150mL 1,800円(税抜)

メイクアップ料(ベースメイク&ポイントメイク)、皮脂、ウォータープルーフのそれぞれになじみの良いオイルを配合。どんな種類の汚れにもなじみ、しっかり汚れを取り除きます。

まろやかな肌あたりで素早くなじみ、あっという間にすすぎ完了。濡れた手でも使えます。

洗顔で汚れを落としたあとは、化粧水で毛穴の目立つ肌を「引き締める」こと

クレンジングの後は洗顔ですね。クレンジングと洗顔のW洗顔で、すっきり洗い流しましょう。

▼クレンジングと洗顔の役割の違いはこちらから
クレンジングと洗顔の違いって説明できる?プロに教わる「ダブル洗顔の本来の意味」とは

毛穴の気になる肌のケアとして大切なのは、クレンジングと洗顔の「落とすスキンケア」だけでしょうか?
いいえ、それは大きな間違いです。実は、化粧水でのお手入れもとても大切です。
その理由は大きく2つあります。ひとつは「毛穴の目立つ肌を引き締める」こと。汚れが取れて、「パカッ」と空いている毛穴をそのままにしていたら、またホコリなどの汚れが入ってきます。そこで効果的なのが「化粧水」です。十分に水分補給すると、「肌がひんやりした」と感じたことはありませんか?水分を与えて、皮膚の熱を奪うことで、毛穴の目立つ肌が引き締まります。

ローションマスクがオススメ

効率的にしっかり水分を与えるには「ローションマスク」がオススメです。ローションマスクの目安は5-10分程度ですが、肌状態によってベストな終了時間は変わります。「まだひんやりして、気持ち良い」と感じるうちに剥がしましょう。「あったかくなってきた」と感じ始めたときは、すでに剥がすタイミングが過ぎています。

ローションマスクの使い方はこちらから

コットンでの「パッティング」も毛穴を目立たせないことに一役かっています

力を入れてパッティングする必要はありませんが、この「パッティング」が「皮膚の熱を蒸発」させて「毛穴の気になる肌を引き締め」ています。

※以下は、肌潤化粧水と澄肌美白化粧水の使用方法になります。

コットンに、500円玉大の化粧水を出します。(コットンの裏までしみとおるくらいの量)中指と薬指をコットンの下にあて、左頬、右頬、額をやさしくパッテングしながら、化粧水を肌になじませます。

コットンを中指1本に持ちかえ、細かい部分をていねいにパッティングします。目もとはパッティングはせず、やさしくなじませます。

手のひらでしっかりしみこませるように顔全体を包みこんでハンドプレスします。

化粧水で古い角質がスムーズに剥がれ落ちるようにサポートする

角層細胞は古くなると代謝して剥がれ落ちますが、自然に剥がれ落ちるためには十分な水分が必要です。剥がれ落ちずに皮膚表面に残った古い角層細胞(角質)は、毛穴に落ちて角栓を作る原因になります。(角栓の原因(図2)と同じことが起こります)毛穴に古い角質を詰まらせないようにするために、十分なうるおいは不可欠です。そのために欠かせないのが「化粧水」です。

▼角層細胞の代謝についてはこちらから
気になる黒ずみ・ひらき・たるみ…「毛穴」が目立つ理由とお手入れ方法

米肌の化粧水で、毛穴の目立つ肌を締める、角栓を作らせない

「毛穴悩みにも外せない化粧水」です。米肌の化粧水は2つ。どちらも、「毛穴の気になる肌を引き締め」て、「角栓を作らせない」、強力なサポートをしてくれる商品です。米肌の化粧水で、毛穴を目立たせないお手入れを始めませんか?

うるおいと一緒に美白も同時にケアしたいときに
発酵で、発光する肌を手に入れる、米肌の美白※

澄肌美白化粧水(医薬部外品)

120mL 5,500円(税抜)

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果

お米と発酵のパワーで、今まで経験したことのないほどのうるおいの満足感を

肌潤化粧水

120mL 5,000円(税抜)

いかがでしたか?
「今回の内容は、もう知ってた」という方も、「知らなかったー」という方も、ぜひ毛穴ケアの基本をしっかりおさえて、毛穴の目立たない肌を手に入れてくださいね。そんな肌は涼しげな印象をかもしだしてくれそうですね!

関連リンク

Beauty Study
毛穴

気になる黒ずみ・開き・たるみ…
「毛穴」が目立つ理由とお手入れ方法

2015/1/13 UP
トップへ