お電話でのご注文・お問い合わせ:0120-018-755 受付時間:10:00–19:00 年中無休(年末年始を除く)
KOSE PROVISION

送料無料まで、あと3,240円

ご注文金額0円

カートを見る0

  1. HOME
  2. 肌悩みを解決してより美肌へ! Skin care Solution by 米肌
  3. Beauty Study
  4. やっぱり気になる、シミ! その原因やメカニズムを知って、より意識を高めましょう♪
Beauty Study
シミ

やっぱり気になる、シミ!

その原因やメカニズムを知って、より意識を高めましょう♪

2016/03/31 UP

多くの世代で肌悩みランクキング1位のシミ。
どのようにシミはできていくのでしょう?
なにを気をつければいい?
お手入れ方法は?
Let's study !

シミはどこから生まれてくるの?

●シミのもと、メラニンの生成場所は「メラノサイト」

「シミ」という言葉と「メラニン」という言葉、どちらもよく聞きますよね?
そう、「シミはメラニンでできている」のです。

メラニンは表皮の一番下の基底層というところにある「メラノサイト」という細胞でつくられます。

基底層にはメラノサイトの他に、基底細胞がいます。基底細胞は次々と細胞分裂をして、表皮の大部分を占める細胞(ケラチノサイト)をつくり続けます。古くなったケラチノサイトは徐々に外側へと押しやられ、最終的に「角層細胞」となり剥がれ落ちます。(この過程がターンオーバーです)

基底層のメラノサイトで生産されたメラニンは、周囲にあるケラチノサイトの中に入り込みます。そしてケラチノサイトと一緒に表皮の一番上にある角層まで行って剥がれ落ちます。

正常な状態では、メラノサイトでメラニンがつくられる量と、メラニンが排泄される量がつりあっていて、一定量のメラニンが存在しています。(この量によって肌の色が決まります)

ところが、何らかの原因でメラニンをつくる量が異常に多くなると、排泄が間に合わず、その部分だけメラニンが多くたまり、色が濃く見えるようになります。この状態が皮膚全体に起こると「日やけ」で、部分的に起こると「シミ」です。
「日やけ」は一過性の反応で元に戻りますが、「シミ」は異常な状態で、そのままでは元にもどりません。

シミの原因として真っ先に思い浮かぶのが紫外線。
「なんで皮膚はメラニンをつくるの??」と言いたくなるかも知れませんが、メラニンは紫外線から肌や身体を守るとても大切な役割を担っています。肌色を濃くすることで、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込むのを防ぎ、皮膚が炎症を起こしたり、皮膚細胞にダメージが与えられないようにしているのです。

●シミの原因は紫外線以外にもありますか?

紫外線だけではなく、他の要因でもメラニンは異常につくられます。
ストレスや加齢によるホルモンバランスの乱れ、喫煙、偏食などによっても、メラニンをつくる「始動スイッチ」は押されます。
紫外線などの環境要因はもちろん、生活習慣も大きく影響するということですね!
ストレスを溜めないように、自分にとってリラックスできる解消法を見つける、睡眠不足にならないように心がける、バランスの良い食事を摂るなど、健康を維持するために気をつけたいことが、そのままシミ予防にもつながります。

メラノサイトにはメラニン色素をつくるための、「始動スイッチ」があります。

皮膚は紫外線などからの刺激を受けると、「メラニンをつくって!」という指令を発信します。
この指令で、メラノサイトの表面にある、メラニン生成を始動する「スイッチ」が押されます。
スイッチが押されると指令はメラノサイトの核(DNA)に伝わります。

指令を受け取った核(DNA)は、メラニンの元であるチロシン(アミノ酸の一種)を、肌内にあるチロシナーゼという酵素の力で酸化させます。
図のように、チロシンはいくつかのステップを踏んで最終的に黒い色のメラニンになります。

メラノサイトから出たメラニンは、ケラチノサイトに取り込まれて角層まで上がってきます。
メラニンは、ターンオーバーによって角層が剥がれ落ちるまで肌色に影響を与えます。

シミに効果があるといわれる、日やけ止めと美白有効成分の働きとは?

●「日やけ止め」の効果

日やけ止めが大切なことは周知のことですよね?
日やけ止めに配合されている紫外線防止剤は、紫外線の肌への侵入をブロックしてくれるので、メラノサイトのスイッチを押させないためにもとても重要です。
予防はとても大切です。忘れずつけてくださいね!

●「美白有効成分」の効果

美白有効成分の働きは、以下の通りさまざまです。

  • ①メラニン生成活動を阻止する
  • ②既にメラニンになってしまったものを元の色に戻す
  • ③ターンオーバーを促進して、早く古い肌として排出させる

このようにどの効果を持っているかは、美容成分により異なります。また、人によって効果の出方には差がありますので、肌の状態を見ながら選ぶのが良いでしょう。

メラニンを含む古い角質が自然に剥がれるように導くことも、とても大切です。

はじめ角層同士は手をつないでいます。そして古くなって時期が来ると、自然に手を離して剥がれていきますが、離れるためには「十分な水分」が必要です。つないだ手を離すのは、肌内にある酵素の働きです。酵素は「水」がなければ働かない成分なので、十分な保湿が必要となります。
メラニンを含む角質がいつまでも肌に残ってしまわないように、日頃からスキンケア化粧品による十分な水分補給を心がけてくださいね。

いかがでしたか?
予防、美白有効成分が配合されたスキンケア化粧品でのお手入れ、そして生活習慣も大切です。
いろいろな面から気をつけることが、シミのない肌をキープする秘訣ですね!

トップへ