肌悩みの原因を解説!美肌カレッジ

肌悩み「乾燥」

 乾燥は美肌の大敵。すべての肌悩みの根本は乾燥にあると言われています。
どうして乾燥してしまうのか、足りないものは何かが分かる
「乾燥を防ぐための大切なポイント」を解説します。

皮膚が乾燥すると、ハリ感がなくなったり、小ジワができたり、くすみの原因になったりします。
美肌の基本は「うるおい」です。根本から原因を見直し、健やかな肌状態を保ちましょう!

Point

  • 乾燥の原因は「バリア機能」の低下
  • 低下した「バリア機能」をスキンケア化粧品でサポートしましょう

皮膚を乾燥から守っているのが「バリア機能」。バリア機能は、皮膚内にある「うるおい成分」によって保たれており、 体内の水分の蒸発を防いだり、異物(化学物質、大気汚染物質、ダニ・ハウスダストなど)の侵入を防ぐ機能を持っています。

バリア機能を保つ皮膚内のうるおい成分は、大きく分けると①水溶性のうるおい成分、②油溶性のうるおい成分、③水分 の3つに分類されます。どれが欠けても、バリア機能は低下してしまいます。

バリア機能の解説を詳しく見る

乾燥を防ぐためのお手入れポイント

  • ❶ 化粧水とクリームでしっかり保湿
  • ❷「皮膚のうるおいを保つ力」である“水分保持能”を改善する
肌のうるおい成分をスキンケアで補う

スキンケア化粧品は、下記のように肌のうるおいをサポートしています。

❶ 水溶性のうるおい成分は「保湿成分」でサポート
❷ 油溶性のうるおい成分は「エモリエント成分」でサポート
❸ 水分は「精製水」でサポート

化粧水とクリームどちらも必要不可欠

アイテムにより、主に配合されている成分が異なります。
化粧水は「保湿成分」クリームは「エモリエント成分」の機能を高く持つアイテムとなっています。
(※乳液は、保湿成分とエモリエント成分を配合しています。エモリエント成分の配合量はクリームより少ないのが一般的です。)

皮膚にとっては保湿成分(水溶性のうるおい成分)も、エモリエント成分(油溶性のうるおい成分)もどちらも必要です。 化粧水の量が足りなかったり、ベタつくからクリームはつけない、といったお手入れは、バリア機能の低下を進行させる原因につながります。

乾燥を防ぐためには、化粧水とクリームの両方が必要不可欠なのです。

「セラミド」を増やすことで、うるおいを保つ力を高める

皮膚のバリア機能はいくつかのうるおい成分により保たれていますが、バリア機能の要と言われているのが「細胞間脂質」です。 細胞間脂質は、化粧水などで与えたうるおい成分を蒸発させずに抱え込む力があるからです。

細胞間脂質の約50%は「セラミド」と呼ばれる成分です。つまりセラミドの量が多いか少ないかによって、「うるおいを保つ力」(水分保持能)が異なります。 セラミドは、20歳を境に減少し始め、なにもしないとそれから増えることはありません。
このため年齢とともに、お手入れしても、うるおいを保つ力である「水分保持能」が低下するため、なかなか乾燥状態から脱するのが難しくなります。

お米から抽出したエキスを発酵することで得られる「ライスパワーNo.11」は、セラミドの生産量を増やし、水分保持能を改善※する唯一の成分として認められています。
ライスパワーNo.11配合の化粧品でお手入れすることで、化粧水などで与えたうるおい成分を保つ力、「水分保持能」が改善され、うるおいに満ちた肌状態へ導きます。

※医薬部外品の効能として