美肌カレッジ

肌悩み「毛穴(黒ずみ・開き)」

毛穴に詰まっているのは「角栓」という名前の汚れ。
気になる黒ずみ毛穴と開き毛穴のケア方法について、大切なポイントをご説明します。

毛穴に汚れが詰まっている、と感じるときは「詰まっている汚れ(角栓)を取る」ことを一番に思いつきますよね。
もちろん角栓を「取る」ことは大切です。でももうひとつ大切なことがあります。
それは「角栓ができる原因」を知ること。角栓をつくらないことが、効果的な毛穴ケアの近道になるはずです!

Point

  • 角栓の約70%は「たんぱく質」なので硬く取れづらい
  • 「乾燥」は角栓をつくる

角栓の中身は「皮脂」と思っている方も多いかもしれませんが、実際は、油は約30%程度。約70%は角層細胞と、角層細胞が代謝するときに産出された代謝物などの「たんぱく質」が占めています。
通常、角層細胞は古くなると自然にアカとなって剥がれ落ちるので、毛穴の中に入りこむことはありません。
でも肌が乾燥しバリア機能が低下すると、毛穴の中に角層細胞が入りこんでしまい、毛穴の目立ちの原因となってしまいます。

※肌が乾燥し、バリア機能が低下すると、角層細胞を猛スピードで作り始めます。過剰に作られた角層細胞は積み重なり、毛穴の中へ入り込んでいきます。

角層細胞の解説を詳しく見る

毛穴(黒ずみ・開き)のお手入れポイント

  • ❶ 角栓を作らせないために「十分な保湿」を
  • ❷ 角栓を取るために「クレンジング」と「洗顔」
毛穴が目立つ原因となる「角栓」を作らせないケアを

角栓を作らせないようにするためには、低下したバリア機能をサポートする必要があります。
まず水分と保湿成分をしっかりと与えること。水分と保湿成分を主成分としているのが化粧水です。化粧水をたっぷりと補給しましょう。
そのあとに、化粧水で補給した水分の蒸発を防ぐために、クリームは必ずつけましょう。

ベタつきが気になる部分には、テクスチュアの軽めのクリームをお選びになるか、もしくは量を減らすなどして、様子を見てください。基本的に、クリームを全くつけないのはおすすめできません。せっかく補給した水分が蒸発しやすくなり、また乾燥状態に傾きやすくなります。すると皮膚は保護作用で過剰に皮脂を分泌するという、悪循環を起こしやすくなります。


さらにおすすめなのは、ライスパワーNo.11が配合された医薬部外品の製品でのお手入れです。水分保持能の改善効果が期待できます。※水分保持能とは、「皮膚が持っている、水分を保つ能力のこと」です。

角栓を取るために必要なアイテムは「クレンジング」「洗顔」

【クレンジング】
クレンジングには、オイルクレンジング、クリームクレンジング、ミルククレンジングなど、様々なタイプのクレンジングがあります。 それぞれのタイプにメリットとデメリットがありますが、角栓を取ることを考えた場合、洗浄力の高いものを選ぶのがおすすめです。洗浄力が一番高いのは「オイルクレンジング」で、次に「クリームクレンジング」になります。

【洗顔料】
クレンジングのあとは、しっかり洗顔しましょう。洗顔料は水だけでは落ちない、いろいろな汚れ※を落としてくれています。
※古い角層細胞(角質)、過剰皮脂、異物(ホコリ、大気中の微粒子など)