肌悩みの原因を解説!美肌カレッジ

肌悩み「シミ」

美白は継続がカギ!
シミができるメカニズムと、美白有効成分の効果について解説します。

「シミ」という言葉と「メラニン」という言葉、どちらもよく聞きますよね。 「シミはメラニンでできている」のです。
シミのできるメカニズムを知ると、美白ケアのポイントが見えてきます。

Point
  • シミの元となるのは「メラニン」
  • 紫外線に当たることが、メラニンの生成につながる

メラニンは、どうやって生成されるのか、見てみましょう。
1.紫外線が当ります。すると角層細胞は紫外線のエネルギーを受けて、「炎症の因子」を作り出します。

2.肌の奥に「メラノサイト」というメラニンをつくる細胞があります。メラノサイトの表面にはメラニンを生成する始動スイッチがついています。炎症の因子はスイッチを押す力となります。

3.メラニン生成始動スイッチが押され、メラニンが生成されます。

4.その後、メラニンはメラノサイトを出て、角層まで上がってきます。
これが「シミ」です。

「メラニン」用語解説を見る

シミ(美白ケア)のお手入れポイント

  • ① 美白有効成分配合の化粧品を使用する
  • ② 朝晩、基本量を使用し、お手入れを継続する

美白有効成分は、メラニンの生成を抑制する

美白化粧品をつけるとき、「シミよ、薄くなれ!」と思いますよね。
でも実は、美白化粧品に配合されている美白有効成分は、シミそのものを消すのではなく、シミのもとである「メラニン」の生成を抑制するものです。
美白効果の注釈に「美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと」と説明されていますので、注意してご覧になってみてください。
美白化粧品を使うことで、過剰なメラニンの生成は抑制されます。

美白効果を実感できるまでには一定の時間がかかる

シミの部分の角層細胞は、ターンオーバーとともに排出されていきます。
そのため、美白有効成分の効果で、過剰にメラニンが作られなくなっても、今目に見えているシミは、シミの部分の角層細胞が古くなってアカとなって剥がれ落ちるまでは、消えてはくれません。

このため効果を感じるまでに一定の時間が掛かるのです。
やがて、シミの部分の角層細胞が剥がれ落ちてくると、肌色が明るくなってきます。

※メラノサイトはフェオメラニンと呼ばれる赤色~黄色のメラニンと、ユーメラニンと呼ばれる黒色のメラニンを作ります。この比率が肌の色に大きく影響します。
通常、フェオメラニンとユーメラニンの作られる比率は決まっていますが、紫外線などの影響により、過剰にユーメラニンが作られると、その部分がシミとなります。

美白ケアは継続することが大切!

なかなか美白効果を実感できずに、せっかく始めた美白ケアを止めてしまった人も多いのではないでしょうか?それは、とってももったいないこと。
肌の中では美白有効成分配合の化粧品を使い始めたその日から、ちゃんとメラニン生成の抑制が行われています。

ポイントは「朝晩、基本量を使うこと」。
人により効果を実感する時間は異なりますが、結果は必ず目に見えてくるはず。 美白は「継続は力なり」です!